ご予約・お問い合わせはこちら 〒370-0312 群馬県太田市新田村田町514-2 TEL:0120-06-4182

太田市の歯科、インプラント、審美歯科、矯正歯科、入れ歯、義歯、歯周病、口臭なら野村歯科クリニック

歯周病治療

三枚橋駅の野村歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

ノーベルスマイル

アールエフ 歯科用CT導入しています

SurgiTel for dental

GreenAquA グリーンアクア

About KaVo.

Link

日本口腔インプラント学会
日本顎咬合学会
日本一般臨床医矯正研究会
国際歯周内科学研究会

HOME»  歯周病治療

歯周病治療

歯周病の予防は、歯と歯肉を丁寧にブラッシングと、歯科での定期検診です。

歯周病治療…歯周病は感染症!!

歯周病は、キスや食べ物の口移しなどによって、細菌が歯と歯肉の間に入り込み、組織が破壊されて歯肉がはがれたり、歯を支えている骨が侵される病気です。つまり、歯周病の原因はエイズや肝炎、そして虫歯と同じように感染によるものです。
昔は歯周病というと高齢者の病気でしたが、最近では若い人でも歯周病にかかっている人が激増し、25歳以上の85パーセント以上の人が歯周病にかかっていると言われています。
歯周病が怖いのは、単に口の中の病気というのではなく、糖尿病・早産・未熟児・心臓病・脳卒中・肺炎など、様々な病気を引き起こす可能性があるということです。
また、歯周病は「静かなる病気」と呼ばれるほど、自覚症状がほとんど感じられない病気で、気づいたときには、歯の土台(歯槽骨)がボロボロになり、重病になっているケースも少なくありません。
歯周病の原因菌は、歯肉の神経を麻痺させて痛みを感じなくさせる酵素や歯肉に炎症を起こさせる毒素を出すと考えられています。歯周病も虫歯菌と同様にバイオフィルムという歯磨きでは破壊できない細菌群を作っています。
歯周病の予防は、歯と歯肉を丁寧にブラッシングすることや、時間をかけよく噛んで食べることが基本です。でも、丁寧にみがいたつもりでも、歯垢が残り歯周病を引き起こす場合があるので、半年に1度くらいの割合で歯科検診を受けることが必要です。

歯周病こんなに怖い病気です

歯周病と全身の病気との密接な関係

歯周病で炎症を起こした歯ぐきには多数の細菌が接しています。炎症を起こした歯ぐきと細菌が接している面接を全部合わせると、手のひら程の大きさ(右図)になるといわれています。ここから細菌や菌の成分が血液中に流れ込み、血管を通って全身に運ばれ、何らかの病気を引き起こすことが最近わかってきました。また、これらの細菌が肺に流れ込む可能性もあります。

歯周病の原因

歯周病の直接的な原因はプラークですが、その他さまざまな因子がかかわっているといわれています。
プラークは虫歯や歯周病の原因となります。食べかす(歯くそ)のように思われがちですが、そうではなくて虫歯菌や歯周病菌をはじめとするさまざまな微生物のかたまりで、プラーク1mgのなかに1億個の微生物がいるといわれております。歯周病はそのなかの歯周病菌がひきおこす病気なのです。

歯周病菌や虫歯菌は歯の表面に「バイオフィルム」という、バリアの膜を張っており、大変強力な膜で、ハミガキでは破壊することができないのです。
そのため、歯科医院で専用の機器でクリーニングしてもらうことが重要です。

治療の流れ

1.問診(局所的・全体的な病気についての質問など)

顕微鏡検査(お口の中の細菌の種類と量を調べます)
歯周病菌が多い場合は、専用の飲み薬と歯磨き剤をお渡しします。

2.歯周ポケットの測定(炎症を起こしている、歯周の厚さを測ります)

レントゲン検査

3.歯石除去
4.歯周ポケットの再測定
5.炎症の強い部位に対して麻酔、そしてルートプレーニングを行います
6.ルートプレーニング終了後に炎症がどの程度改善しているか再びポケット測定を行います
7.炎症の改善の認められない部位や、顎の骨の形態不良な部位に対して、歯周外科手術、顎の骨がやせてしまっている部位に対しては、歯周組織再生手術を行います。
8.メンテナンス・定期健診

歯周組織再生技術

G.T.R法

G.T.R法は歯周組織の失われた部分(歯槽骨)にメンブレン(膜)を使用し、カバーすることで骨を再生させる手術で、日本では、1992年に認可され、応用されるようになりました。
G.T.R法はさまざまな形態の骨欠損に対して適用可能であり、良好な結果が得られています。手術にしようされるメンブレンは、吸収性のものと、非吸収性のものがありますが、メンブレン除去手術が不必要、また手術後の感染のしにくさから、当院では吸収性のメンブレンをしようしております。手術は麻酔をかけ、歯根部についた歯石を取り除きメンブレンを設置し縫合して終了です。手術にかかる時間は約1時間抜歯は、1~2週間後に行います。

エムドゲイン

エムドゲインは歯周組織の失われた部分にゲル状の材料を塗ることで歯周組織の再生を導きます。ゲル状物質の名前をエムドゲインといい、スウェーデンのビオラ社で開発された新しいブタ歯胚組織使用歯周組織再生用材料です。エムドゲインゲルの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするたん白質の一種です。現在の科学水準に基づく高い安全性の確保の下、幼若ブタの歯胚から抽出精製したもので、2005年5月現在、世界39カ国で使用されています。
手術は、まず麻酔をかけて歯周を切開し、歯根部についた歯石などを取り除き清掃します。次にエムドゲインゲルを塗布して縫合し終了です。
手術にかかる時間は約1時間で、痛みもほとんどなく簡単な手術です。
抜糸は手術日から2~6週間後に行います。

Topへ